Stem?Beaute(ステムボーテ)

ヒト幹細胞培養液とは

肌老化(エイジング)の仕組み

  • 肌の老化のしくみ(外的要因などによる活性酸素発生)

    肌の老化のしくみ(外的要因などによる活性酸素発生)と老化した肌内部の状況

    紫外線、大気汚染、たばこなどの外部の有害物質が肌の表面に触れることで、肌の内部では活性酸素が大量に発生し細胞が不活性化。老化の大きな原因となります。

  • 老化した肌の内部の状況

    ADSC-CM(ヒト幹細胞培養液)による肌老化からの再生

    活性酸素が増えた事により肌の真皮層は傷つき、情報伝達物質のやりとりが減少します。それにより活発だった代謝が鈍くなり表皮では肌のターンオーバーが遅くなります。これが肌老化の原因となります。

ADSC-CM(ヒト幹細胞培養液)による肌老化からの再生

活性酸素により傷つき情報伝達物質のやりとりが少なくなった肌細胞に情報伝達物質を与える事で、肌細胞は再度活性化。肌細胞の代謝が活性化し、肌内部ではヒアルロン酸やコラーゲン、タンパク質などが生み出され、表皮ではターンオーバーのスピードがアップします。それにより、赤ちゃんのような理想な肌に近づくのです。

理想の肌の状態(赤ちゃん)

赤ちゃんの肌内部では、情報伝達物質が次々と生まれています。
それがレセプターに取り込まれ指令が出される事でDNAが呼び起こされ、次々に細胞が活性化する状態になるのです。これはまさに理想の肌の状態と言えます。

情報伝達物質とレセプターの動きによる、肌のターンオーバーサイクル

  • ※情報伝達物質:成長因子( ホルモンなどタンパク質 )各種タンパク質・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・プリテオグリカン・SOD等の各種酵素
  • ※レセプター様々な情報伝達物質を受け取り指令を出す事で、DNAを呼び起こす

肌老化した状態

活性酸素によって傷ついた肌は情報伝達物質が減少し、レセプターは指令を出せない状態になっています。これにより細胞が活性化しない状態となっており、表皮ではターンオーバーの鈍化から、老化が起こりやすくなります。

肌老化したときの細胞活性サイクル

ADSC-CM(ヒト幹細胞培養液)による肌再生

ADSC-CM(ヒト幹細胞培養液)が減少した情報伝達物質の役目を果たし、余す事なくレセプターに受け入れられます。これにより肌細胞の代謝は復活し、表皮でもターンオーバーのスピードがアップすることで、若い頃の肌に生まれ変わるのです。

参考:https://adsc-cm.com

通常のヒト幹細胞培養液とADSC-CMの違い

ADSC-CM3次元培養技術と通常のヒト幹細胞培養液(2次元培養方法)の違い