INTERVIEW
インタビュー

アンチエイジング、肌の再生効果があるとされる
「ヒト幹細胞培養液」の正体って?

長年、第一線で活躍しているヘアメイクアップアーティスト・森 ユキオさんが、「ヒト幹細胞培養液」のパイオニアである野中秀訓さんに気になるすべてをインタビュー。

  • 森    :再生医療にも用いられる「ヒト幹細胞培養液」とは、
    一体何ものなのでしょうか。

    野中:幹細胞を培養する際、幹細胞が分泌する成分を大量に含んだ培養液ができます。幹細胞培養液にはコラーゲン、ヒアルロン酸などの多種多様なたんぱく質などの成分が含まれ、これらの組織再生の働きは創傷治癒にはじまりシワ、シミの改善、ホワイトニング、抗老化、抗酸化…ありとあらゆる肌悩みの根本にアプローチをする、スキンケアの成分として夢のような素材ということが近年の研究で明らかになっています。この幹細胞培養液の技術を応用して当社が開発した化粧品成分が、RemyStemという脂肪組織由来の「ヒト幹細胞培養液」です。

  • 森    :ということは、製造する会社によって
    「ヒト幹細胞培養液」の成分は違ってくるということですか?

    野中:同じ幹細胞を使用しても、細胞数、培養期間、培地、刺激方法などの条件によって培養液の構成成分のバランスは大きく変化し、その量も変わってしまいます。「ヒト幹細胞培養液」とひとくくりにされていますが、その性能に優劣があるのも事実です。

  • 森    :「ヒト幹細胞培養液」という名前から、こわいというイメージを持たれる方も多いのですが…

    野中:当社の扱っている「ヒト幹細胞培養液」は、世界的に見ても現時点で最も信頼性の高い検査方法である医薬品GLP試験をパスしている希少な素材です。誰もが安心して使える、安全性の立証された原料が健全に扱われることを願っています。

  • 森    :というと?

    野中:化粧品は料理によく似ていると思います。素晴らしい素材(=原料)があっても、それを活かせるかはシェフ(=メーカー)の腕次第。素材にはトレンドもつきものです。シェフの提案するメニューの完成度によって、その素材の良さがまっとうに伝わらず、単に流行として忘れ去られていくことを危惧しています。

  • 森    :その点、ステムボーテはその原料を最大限生かす処方を目指しています。

    野中:そうですね。「ヒト幹細胞培養液」の作用は、理想の肌に対するすべての願望が叶うと言っても過言ではありません。肌老化の根本原因=細胞の不活性を改善することで、肌を若々しい状態に再生する次世代のスキンケアなのです。

  • 森    :細胞を活性化する、それはまさに再生美容ですね。

    野中:そうですね。「ヒト幹細胞培養液」の作用は、理想の肌に対するすべての願望が叶うと言っても過言ではありません。肌老化の根本原因=細胞の不活性を改善することで、肌を若々しい状態に再生する次世代のスキンケアなのです。

    森    :ジャーナリストをはじめ、僕のような美容に関わるプロでさえ「ヒト幹細胞培養液」についての知識が浅く、テクスチャーによる使い心地だけで改善されたと評価する…曖昧な美容業界の体質なども問題だと感じています。

  • 森    :本当に「若返り」が可能な時代、確かなものを選択することにより想像を超える美肌が手に入ります。使い心地に頼っているエビデンスは有効ではないですね。

    野中:広告のキャッチコピーも含め、そうですね。肌老化に対して成分を補い、肌表面での使用感を充実させることを目的とした化粧品が溢れているのが現状です。

  • 森    :「ヒト幹細胞培養液」は、これまでの化粧品の存在意義を変えてしまうほどのパワーを持っているのではないでしょうか。

    野中:使えば使うほどに肌の状態が確実に改善し、誰もがバリア機能の強いなめらかな肌を手に入れることができる。化粧品を使うことで根本解決、確実な効果をもたらすシンプルで理想的な環境を実現したいと思っています。もちろんステムボーテもその一環。価格的にもエントランスアイテムとして最適かと思います。皆さんの肌でも「ヒト幹細胞培養液」の威力を実感して欲しいです。

アンチエイジング株式会社
代表取締役 野中 秀訓氏

日本におけるヒト幹細胞培養液のパイオニア的存在であり、ヒト幹細胞培養液原料として、圧倒的シェアを誇る「RemyStem」を提供している。
「SC-MAX」「 RemyStem」「VITA-HA」「PROLIPHIL」はアンチエイジング株式会社の登録商標です。