INTERVIEW

インタビュー

森 ユキオ × 清水亮子

ステムボーテで叶える素敵な歳の重ねかた

年齢を重ねるほどに深みを増す個性ほど魅力的なものはありません。きれいごとばかりではいられない現実も受け止めて、今一度「自分をどう見せたいか」を考えるきっかけに。

女性の魅力は特定の年代に限ったものではない

原石としての美しさから大人の魅力が開花し、それまで取捨選択してきたことが形となり人としての本質が見えてくる──30年間、プロフェッショナルとしてあらゆる女性をメイクアップしてきました。その度にインスピレーションをもらい、ひとりひとりが持つ個性、そしてそれぞれの年齢に相応しい魅力があると実感します。
清水
日本の女性は若くなければ価値がない、若い頃に戻りたい…という強迫観念に苛まれがちです。“美しくなりたい=若くなりたい"という歪な思考は、若返りを謳う過度な美容界のプロモーションも理由のひとつに挙げられるように思います。
美しさ=若さへの異様なまでの執着ですね。誰もが歳を重ねるわけで、まずは今の自分の現在地を知り、受け入れることが大切。鏡を見ればコンプレックスばかりに目がいってしまって…そう簡単なことではないと思いますが、まずはステムボーテのエビデンスと科学的理論で、歪んだ思考から解放されて欲しいです。
清水
20年ほどご一緒させていただいている森さんの、確かな技術を裏付けるステムボーテの理論。目の当たりにしているからこそ、これまでの常識を覆すシンプルすぎるケアも素直に受け入れることができました。
年齢を問わず美人だなと思う人の共通点のひとつに、美しい肌が挙げられます。人工的に作られたものではなく、その人の素が透けて見えるような個性と清潔感。そこにエイジングサインがあったとしても、むしろチャームポイントになるんです。点在するコンプレックスをひとつずつ消したところで、面で見ると不自然になるだけ。30年間のバックステージから生み出された肌作りのメソッドを具現化したものが、ステムボーテ。僕の答えです。
清水
ステムボーテの良さを実感するためには、ひとつの商品を根気良く使う生真面目さと、とにかくローションの後に何も重ねないことです。物足りなさを感じたらローションを重ねるだけでいい。ヒト幹細胞培養液をいかに有効活用するか、削ぎ落とし、徹底的に突き詰めたブースター・ローション・UVクリームの3ステップ。最終目的地はファンデーションのいらない肌、というのも納得です。ステムボーテの素晴らしさを、ひとりでも多くの方に知って欲しい!
SNSの台頭により、個人がメディアとして発信できる時代です。美容が情報のひとつとなってしまったことで、“肌がきれいになる"とはどのようなことなのか、本質に辿り着けていない方が多い印象です。ステムボーテを知っていただいていても、ヒト幹細胞培養液の原液が欲しいという声や、濃度、成分由来に関する質問を多くいただくようになる一方で、製法や安全性、実績には不思議と関心が薄い。ヒト幹細胞培養液に着目して10年、ここまで広く知られる存在となったことが嬉しい反面、溢れかえる情報に左右され、皆さんなかなか確信を持てずにいると感じます。
清水
ヒト幹細胞培養液も流通しているすべてが同じ会社のものではなく、配合している成分や濃度もメーカーごとに異なりますよね。では、その乱立するスキンケアブランドの中でステムボーテは他社製品と何が違うのか、なぜ数少ないアイテムで美肌へと導くことができるのか、教えていただきたいです。
森 ユキオ × 清水亮子

過剰な保湿が美しい肌を遠ざける原因?

そもそも、肌が美しい=保湿とは限りません。ブースター・ローション・美容液・部分美容液・クリーム…世界一プロセスの多い日本人のスキンケアは、不必要に油分を補いがちです。過剰に保湿をしなければ、スキンケアのプロセスを全うしなくては、という“美しくなりたい=若くなりたい"に次ぐ強迫観念に支配されています。女性を美しくするために僕はメイクアップをするので、その行き過ぎた保湿こそ邪魔だったというわけです。
清水
保湿が邪魔と初めて聞いたときは衝撃を受けました。まさに保湿をしなければ、肌がボロボロになってしまうと思い込んでいたので。使用するスキンケア製品を増やすことが自分への投資であり、美しい肌への道のりだと信じて疑うこともありませんでした。
過剰に保湿をした状態にメイクアップをしても、崩れてしまうだけです。そしてリタッチが必須に。油分でベタベタしている肌が美しいはずがないのに、スキンケア時、指に肌が吸い付くことこそが正義だと主張する方が多いのが不思議でなりません。ただでさえ、日本の一年の半分は高温多湿期ですから…。
清水
森さんのヘアメイクアップはいつの時代も色褪せず、中でもベースメイクは特筆すべき点だと思います。今となっては美容通の間で当たり前の存在となったヒト幹細胞培養液に10年前から着目し、ヘアメイクアップアーティストとして女性を美しくしたいという目的達成のため、スキンケア製品の開発にまで至ったというのも森さんらしいエピソードですね。
ステムボーテが使用しているヒト幹細胞培養液は、厳格とされる化粧品基準GLP9項目の認証を取得し、特許技術によって製造されるRemy Stemを効果的に配合しています。ターンオーバーを促進し、年齢を重ねても自らの力で新しい肌に導くことができる次世代のスキンケア成分。さらに2022年3月のアップデートでは、浸透型ビタミンC誘導体であるペンタイド-Cを新たに迎えることとなりました。医療から美容へ、その技術をいち早く採用できるのも、原料を提供していただいているアンチエイジング株式会社の協力あってこそです。
清水
すでに美容成分の定番として周知の存在ではありますが、ビタミンCは分子が大きく、肌に直接届けることが実はとても難しいと聞きました。
ペンタイド-Cとはペプチドを介して、ビタミンCを確実に肌に送り込むことができる画期的な存在。CITE JAPAN 2021 アワード金賞を受賞しています。ヒト幹細胞培養液のプロフェッショナルブランドとして実績を積み、さらに高みを目指すため、アンチエイジング株式会社の最先端技術や機能を積極的に採用しているのもステムボーテの特徴です。
清水
まさに、エビデンスに基づいた“森美容"のすべてが詰まっていますね。あらゆる肌悩みにアプローチできるから、世代を超えてどなたをも、美しい肌に導く理由が分かりました。
またヒト幹細胞培養液の最適なテクスチャーはローションであり、それが時短にもつながると考えています。濃度を高くすることは簡単ですが、その分上乗せした価格に効果が見合わなくなってしまうだけ。ステムボーテは毎日使用するホームケアとして最適な濃度を設定しています。同じヒト幹細胞培養液をローションの上から美容液、クリームと、テクスチャーを変えて重ねていく従来のスキンケア方法も、自らテストを重ね、結果そこに自分の理論や利点を見出すことはできませんでした。過剰に数字を追いアイテムを増やしても根拠はない、それがブランドとして出した答えです。
清水
余談ですが、5〜10月の高温多湿期はブースターを省きローションだけでも大丈夫!と言い切ってしまう、正直な森さんが好きです(笑)。強いてプラスするのであれば、紫外線の強い時期と重なるためブースターをUVクリームにスイッチすると良い、と常にミニマムな答えが返ってきますね。美しくなりたいけれど、そこまで時間とお金はかけたくないというのが本音。12,000円のローションで全身のエイジングケアができるなんて!そう気づくことができたら、もうステムボーテ以外のスキンケアに興味さえなくなるはず。この驚きを多くの方と共有したいですね。
森 ユキオ

上手に年齢を重ねていくために

清水
美容は自分自身との向き合い方を映し出す鏡のようなもの。スキンケアは最も身近な美容で、“自分をどう見せたいか"の根本となる部分だと思います。ステムボーテを使い続けることでメイクも最低限で成立しますし、肌への負担も軽減され、自然と美肌のサイクルが回り始める印象です。
メイクアップアーティストとしても、バックステージで取り入れることによりメイク直しが不要になりました。それはやはり、ヒト幹細胞培養液の確かな効果と、過剰な保湿が意味をなさないという点を証明しています。ステムボーテの最終目的地はファンデーションのいらない肌、ブランドのキャッチコピーでもあるレス・イズ・モアの体現です。ミニマムなプロセス、短時間で結果を出すことを常に追求しています。
清水
朝メイクアップで偽りの肌を作り上げたとしても、夕方になるとどうでしょう。午前と午後の顔の印象の差を感じる方にもステムボーテを使っていただきたいですね。
スキンケアに時間をかけるというのは、前時代の習慣です。純粋に身だしなみを整えるという視点で捉えれば、情報に流されてトレンドを追いかけたり、昔の自分や他の誰かと比べる必要もありません。
清水
モチベーションを上げるために、憧れの存在に近づくための努力をするのは素晴らしいことです。でもある程度の年齢に達したら、自分にないものを追い求めても打ちのめされるだけ…という現実も知っています。自分以外の何者にもならなくて良い、そう良い意味で開き直れる。そんな余裕も生まれてくるはずですから。
その余裕がメンタルの安定に直結し、健やかな清潔感を生み出すのですね。身だしなみを整えることで外見が美しくなるだけでなく、内面のケアに繋がるという好例だと思います。ヘアスタイルや体型も含め、自分のことを俯瞰して観察すると良いかもしれません。カテゴライズするならば、美容はビューティではなくファッションの一部。きれいごとばかりでは済まない現実を受け入れた女性は、男性、そしてヘアメイクアップアーティスト目線でもその姿は潔く、美しいです。
清水
自分のことをもっと大切に、すべては上手に年齢を重ねていくために。ステムボーテはお守りのような存在です。
美しく歳を重ねることを実感できる、唯一のブランドだと確信しています。
森 ユキオ

ROI ヘアメイク 代表
ステムボーテ ブランドディレクター

28年という長きに亘り雑誌や広告の第一線で活躍し、現在でも年間300本を超える撮影をこなすヘアメイクアップアーティスト。ヒト幹細胞培養液を10年前からスキンケアとして採用し、バックステージでの経験と科学的視点から設立6年目を迎えるステムボーテのブランディングや、数々のビューティプロダクトにおけるヒットメーカーとしても知られる。

清水亮子

ライター

大学在学中より女性誌にて執筆活動を開始。雑誌やウェブ媒体での記事作成、ステムボーテをはじめとする化粧品のコピーライティングや製品開発に関するインタビューのほか、企業ウェブサイトの監修を手がけている。